共済組合の事業

保健給付

●印の給付を受ける場合は、共済組合へ請求書の提出が必要となります。

こんなとき

支給される額

組合員

被扶養者

病気や、けがをしたとき

○療養の給付
○保険外併用療養の給付
●療養費

訪問看護を受けたとき

○訪問看護療養の給付

・医療費、薬剤費の70/100給付

 

 

70歳以上75歳未満
一般 80/100給付
※平成26年3月31日までに
 70歳に達している人は
 90/100給付
現役並み所得者 70/100給付

・医療費、薬剤費の70/100給付

  義務教育就学前までの者80/100
  給付

70歳以上75歳未満
一般 80/100給付
※平成26年3月31日までに
 70歳に達している人は
 90/100給付
現役並み所得者 70/100給付

入院して食事をとったとき

○入院時食事療養の給付
○入院時生活療養の給付

・入院時の食事療養等にかかる費用から、自己負担分(標準負担額)を除いた額

保険診療分の自己負担が高額になったとき

○高額療養費

・同一の医療機関等毎に支払った自己負担額が1ヵ月(1日〜月末まで)で下記の限度額を超えた場合、その超えた額

 ※1ヵ月で21,000円以上の自己負担が2件以上ある場合は、合算する

 ※月の途中で75歳となったその月の限度額は、「70歳以上」の1/2の額

自己負担の限度額(70歳未満の方)

標準報酬月額

一   般 260,000円
以下
57,600円
280,000円
以上
80,100円 +(医療費−267,000円)× 1 %
上位所得者 530,000円
以上
167,400円 +(医療費−558,000円)× 1 %
830,000円
以上
252,600円 +(医療費−842,000円)× 1 %

自己負担の限度額(70歳以上の方)

一     般 外来+入院 44,400円
外来(個人ごと) 12,000円

現役並み所得者
外来+入院 80,100円+
(医療費−267,000円)× 1 %
外来(個人ごと) 44,400円

●高額介護合算療養費

・高額療養費の対象となった世帯に介護保険受給者がいる場合に、別途計算した額

治療の必要で移送したとき

●移送費
●家族移送費

・適切な保険診療を受けるために移動することが著しく困難であり、なおかつ緊急を要する場合の移送で最も経済的な経路及び方法で移送された場合の費用として共済組合が算定した額

本人または被扶養者が出産したとき

●出産費●家族出産費

・420,000円
 ※産科医療補償制度対象分娩でない場合、404,000円

本人または被扶養者が死亡したとき

●埋葬料●家族埋葬料

・50,000円

(注)後期高齢者医療制度の被保険者となった場合、「育児休業手当金」及び「介護休業手当金」を除き給付の適用はありません。

休業給付

こんなとき

支給される額

※任意継続組合員は除く

※標準報酬日額
標準報酬月額×1/22
(10円未満四捨五入)

※支給日数
休業又は欠勤中の土・ 日曜日を除いた日数

※育児休業手当金、介護休業手当金の支給日額に上限があります。

組合員

病気やけがで長期間欠勤し、給料の一部または全部が支給されないとき
(最大1年6ヵ月、結核性疾患は3年)

●傷病手当金

・標準報酬日額×2/3×支給日数

出産のため欠勤し、給料が支給されないとき(ただし育児休業法の適用を受けた人は該当しません)

●出産手当金

・標準報酬日額×2/3×支給日数

(産前42日(多胎の場合98日)産後56日以内)

被扶養者の病気・配偶者の出産などで休業し、給料の一部または全部が支給されないとき

●休業手当金

・標準報酬日額×50/100×支給日数

育児のため休業し、給料が支給されないとき

(当該子が 1 歳に達する日までの間)

※「パパ・ママ育休プラス」・「総務省令で定める場合」に該当するときは、別途取扱う

●育児休業手当金

・標準報酬日額×67/100×支給日数

※育児休業をした日数(土日を含めた日数)が180日に達した後は、給付率は50/100

介護のため休業し、給料が支給されないとき
(最大 3 ヵ月間)

●介護休業手当金

・標準報酬日額×40/100×支給日数

災害給付

こんなとき

支給される額

組合員

被扶養者

非常災害で、組合員または被扶養者が死亡したとき

●弔慰金●家族弔慰金

・標準報酬月額

・標準報酬月額×0.7

非常災害で住居、家財等に損害を受けたとき

●災害見舞金

・標準報酬月額×[0.5〜 3 月分]

 ※[  ]の月数は損害の程度により決定

 

附加給付

こんなとき

支給される額

組合員

被扶養者

病気や、けがをしたとき

○一部負担金払戻金(組合員)

○家族療養費附加金(被扶養者)

○家族訪問看護療養費附加金(被扶養者)

・1ヵ月(1日〜月末まで)に各医療機関等毎に支払った自己負担額から25,000円(上位所得者は40,000円)を控除した金額(100円未満切捨て)

・高額療養費が支給される場合は、別途計算した金額(100円未満切捨て)

※支給額が1,000円に満たない場合は支給しない

※乳幼児・重度心身障がい者・ひとり親家庭及び妊産婦等医療費助成制度該当者を除く

組合員または被扶養者が死亡したとき

○埋葬料附加金
○家族埋葬料附加金

・ 1 件につき50,000円

★【限度額適用認定証】で医療機関窓口の支払い軽減

 70歳未満の方について、高額な医療費がかかる場合、共済組合への事前申請により「限度額適用認定証」を交付いたします。 「限度額適用認定証」を組合員証(保険証)と一緒に医療機関の窓口へ提示すると、医療機関毎の窓口支払額を自己負担限度額まで軽減できます。

★ジェネリック医薬品の活用を

 共済組合の医療費は年々増加傾向にあり、皆さまの家計への負担も重くなっている状況です。
 そこで、少しでも医療費の自己負担を軽減できるよう、共済組合ではジェネリック医薬品の普及促進の取り組みを行っています。
 ※ジェネリック医薬品の詳しい情報はインターネットで確認できます。

日本ジェネリック医薬品学会ホームページ

かんじゃさんの薬箱
http://www.generic.gr.jp

交通事故や傷害事件等で負傷した時は必ず共済組合に連絡と届出を!

交通事故や傷害事件等により、組合員(または被扶養者)が負傷し、組合員証(保険証)を使用し治療を受ける場合には、必ず共済組合に連絡して事故の状況を届け出てください。

共済組合は、組合員(または被扶養者)が組合員証(保険証)を使用して治療したことにより、治療のための医療費を加害者に代わって立替払いすることになり、後日、その立て替えた医療費(共済組合負担分)を、組合員(または被扶養者)に代わって、加害者(または保険会社)に損害賠償請求することになります。

したがって、組合員証(保険証)を使って治療を受けようとする場合は、過失の多少、ひき逃げなどによる相手不明、自損事故などの事故状況にかかわらず必ず共済組合保険課審査係まで連絡ください。

後日、損害賠償申告書等を提出していただくことになりますのでご協力をお願いします。

※通勤災害や公務災害に該当する場合は、組合員証(保険証)は使用できませんのでご注意下さい。

事故にあったら…

  • どんな小さな事故でも、すぐに警察に届け、ケガをしている場合は人身事故扱いで交通事故証明書を取りつけること。(自損事故で同乗中に負傷した場合も同様です。)
  • 相手の住所、氏名、連絡先、車の登録番号、自賠責保険の契約保険会社名を確認しておくこと。
  • どんな軽いケガでも、必ず医師の診断、検査を受けること。後日、症状が出る場合があります。
  • 組合員証(保険証)を使用して治療する場合は必ず共済組合に連絡すること。
    【TEL 024-533-0011 保険課審査係まで】
  • 所属所の共済事務担当者に事故の状況を連絡すること。(事故連絡票の提出)
  • 安易な示談はしないこと。損害や後遺症の有無などが明確になってから慎重に話し合うことが大切です。

 

 

長期給付事業

詳しくは全国市町村職員共済連合会のホームページをご覧ください。

長期給付積立金の預託金の運用状況

 

 

 

保健事業

   

対象者及び内容




生活習慣病予防検診 30歳以上の組合員及び被扶養配偶者に対し検査料の一部を助成します。 被扶養配偶者に対する助成(申請)につきましては、組合員の勤務する職場の共済事務担当者へおたずねください。
※被扶養配偶者の生活習慣予防検診の助成の検査は「胃がん検診」を受けた場合となります。
子宮頸がん検診 20歳以上の女性組合員及び被扶養者である妻に対し検査料の一部を助成します。
子宮体がん検診 30歳以上の女性組合員及び被扶養者である妻に対し検査料の一部を助成します。
乳がん検診 30歳以上の女性組合員及び被扶養者である妻に対し検査料の一部を助成します。
肺がん検診 40歳以上の組合員に対し検査料の一部を助成します。
大腸がん検診 40歳以上の組合員に対し検査料の一部を助成します。
前立腺がん検診 50歳以上の男性組合員に対し検査料の一部を助成します。
脳検診 45歳以上の組合員(所属所割当人員)に対し検査料の一部を助成します。
人間ドック 組合員(所属所割当人員)に対し検査料の一部を助成します。





宿泊施設利用助成 1人1泊につき ホテル福島グリーンパレス 及び、県内・県外の契約施設で利用できる宿泊施設利用助成券を配布します。
※「宿泊施設利用助成券が利用できる施設」を参照。
福島グリーンパレス
利用特別助成
ホテル福島グリーンパレスの特別パックを利用する組合員期間が25年以上の退職(退職予定)組合員に利用特別助成券を配付します。(所属所からの申請による交付)











初任者研修会 採用から3年以内の組合員を対象に共済制度・メンタルヘルス・金融知識等について研修。
衛生管理者研修会 各所属所の衛生管理者を対象に研修会、総会、役員会を開催。
組合員等健康講座 健康増進編と女性の健康編があります。 健康に関する講義、実技があります。(平成28年度は、女性の健康編となります。)
メンタルヘルスセミナー 管理職・衛生管理者・人事担当者を対象に職場におけるラインによるケアについてのセミナーとなっております。
ライフプランセミナー 30歳代・40歳代の組合員を対象に生涯生活充実のためのライフプラン計画表の作成や講演。(ファイナンシャルプランナーの個別相談もあります。)
シニアライフプラン講座 退職予定の組合員を対象に老齢厚生年金の試算及び退職後の医療制度の説明。(退職準備型)





医薬品の配付等 組合員等に配付。(家庭用・所属所用等)






特定健康診査 40歳から75歳未満の組合員・被扶養者に対し質問票、身体計測(腹囲含む)、理学的検査、血圧検査、血液検査、検尿を実施。(被扶養者は「自己負担1,000円」)

※組合員は事業主健診のデータを共済組合が受領。被扶養者は「受診券」と「組合員被扶養者証」を特定健診機関に提示し受診。

特定保健指導

特定健診結果により生活習慣病リスク保有者を3グループに抽出

<情報提供[健康な人も含めすべての人に]>

健診受診者全員に実施。健診結果の提供とあわせて健康な生活習慣を見直すよう基本的な情報を提供。

<動機付け支援[内臓脂肪症候群〈メタボリックシンドローム〉予備群という人に]>

個別支援またはグループ支援で生活習慣改善のアドバイス等を行い、6ヵ月後に達成状況を確認。(原則1回の支援)

<積極的支援[内臓脂肪症候群〈メタボリックシンドローム〉該当という人に]>

個別支援・グループ支援・電話・メール等で具体的なアドバイスや目標を立て、3ヵ月以上継続的・定期的な生活習慣改善のアドバイス等を行い、6ヵ月後に達成状況を確認。

※動機付け支援と積極的支援の該当者へ「利用券」を発行。特定保健指導機関から支援実行。

※特定保健指導の自己負担はありません。共済組合が全額負担します。

 

いしずえ(拠出型企業年金保険)

組合員を対象に老齢厚生年金の補完を目的とした積立年金制度です。
積立は原則として払込満了時まで行い、これを原資に年金として受け取るものです。

  事業内容
加入対象者 (1)一般型(一般の生命保険料控除型)加入日(2月1日)に
  満15歳以上58歳未満の方
(2)個年型(個人年金保険料控除型) 加入日(2月1日)に
  満15歳以上50歳未満の方
新規加入及び
更新手続き
(年に1度(2月1日付)の取扱い)

新規加入
毎年8月頃に加入申込書を所属所宛に送付いたしますので申込口数を記入のうえ共済事務担当係を経由して共済組合に提出してください。

更新手続き
毎年8月頃に加入申込書(更新手続き資料)を送付しますので変更後の口数を記入のうえ共済事務担当係を経由して共済組合に提出してください。なお、申込書の提出がないときは、自動更新となります。

積立方法 (1)毎月の給料と6月・12月のボーナスから天引き
(2)退職時一時積増
掛金
((1)(2)には制度運営費が含まれております)

(1)月払い
  2,000円を(1口)単位とし最高50口まで

(2)ボーナス払い
  10,000円を(1口)単位として最高50口まで

(3)退職時一時積増
  10万円を単位とし最高1,000万円まで
  ただし、積立額の範囲内

給付金の種類

(1)5年確定年金(定額型)
(2)10年確定年金(定額型)
(3)10年確定年金(支払額二段階型)
(4)15年確定年金(支払額二段階型)
(5)脱退一時金(随時)・・・ 積立金残高の全額を支払います。
(6)遺族一時金(随時)・・・ 脱退一時金+1ヵ月分の掛金相当額を
              遺族に支払います。

※(1)〜(4) 給付金の支払方法については、個人毎に異なりますので職場の共済事務担当係にご相談ください。

※(1)は一般型のみが選択可能です。

遺族附加年金事業・さきがけ・給付継続コース

組合員の皆さまが万一の場合(死亡、高度障害・障害状態(障害年金1級・2級)のとき)があった場合、遺族厚生年金や障害厚生年金を補完し、残された家族または障害が残ってしまった組合員の生活水準を維持するために、保険金を年金形式で支給する相互扶助制度です。(遺族厚生年金が支給されない独身者や扶養家族がいない場合でも加入することができます。)
なお、「遺族附加年金事業」及び「さきがけ」は、1年毎に収支計算を行い、剰余金が生じた場合は加入者に配当金として還付します。ただし、給付継続コースには配当金はありません。

 

事業内容

 

遺族附加年金事業

さきがけ 給付継続コース
加入対象者

本 人… 組合員で申込書記載の告知内容に該当し、加入日(2月1日)現在満17歳6ヵ月を超え、満60歳6ヵ月までの方

配偶者…組合員の配偶者で申込書記載の告知内容に該当し、加入日(2月1日)現在満17歳6ヵ月を超え、満60歳6ヵ月までの方

※配偶者のみの加入はできません。

※「さきがけ」に加入する場合、遺族附加年金事業に加入することが条件となります。

本 人…組合員で申込書記載の告知内容に該当し、加入日(2月1日)現在満17歳6ヵ月を超え、満65歳6ヵ月までの方

配偶者…組合員の配偶者で申込書記載の告知内容に該当し、加入日(2月1日)現在満17歳6ヵ月を超え、満65歳6ヵ月までの方

※配偶者のみの加入はできません。

※遺族附加年金事業に加入することが条件となります。

新規加入
更新・脱退

(1)新規加入 

毎年8月頃に申込書を送付しますので、加入コース等を記入のうえ職場の共済事務担当係を経由して共済組合に提出してください。

(2)変更手続き(既加入者) 

毎年8月頃に申込書を送付しますので、加入コース等を変更する場合には加入内容を記入のうえ職場の共済事務担当係を経由して共済組合に提出してください
(増額する場合には告知内容に該当する事が条件となります。)
なお、申込書の提出がないときは、自動更新となります。

(3)脱退

職場の共済事務担当係に申し出てください。
保険料

毎月の給料と6月・12月のボーナスから天引き

遺族附加年金事業 保険料・支給額参照(配偶者コースの保険料は月払のみ)

毎月の給料から天引き
さきがけ 保険料・支給額参照
毎月の給料から天引き
更新時パンフレット参照
加入期間 1年間(毎年2月1日〜翌年1月31日)で以後毎年更新 新規加入いただきました2月1日からご加入者が70歳または75歳になられた直後の契約応当日まで
年金の受取人 加入者の指定する者(指定無い場合、被保険者の配偶者・子(子が死亡している場合には、その直系卑属)・父母・祖父母・兄弟姉妹の順位指定があったものとして取扱われます。)
高度障害の場合 加入者本人
※「さきがけ」の障害保険金、障害初期給付金は加入者本人
加入者の指定する者(指定無い場合、法定相続人となります。)
高度障害の場合 加入者本人
税法上の取扱い

●保険料は、控除限度額以内で所定の生命保険料控除の対象となります。


●本人が受取る配偶者の死亡保険金は、一時所得として課税されます。
※所得税に加え復興特別所得税が課税されます。
※配偶者の保険金の受取人を本人以外に指定した場合贈与税が課税されることがありますのでご注意ください。


●高度障害保険金、障害保険金、障害初期給付金は、非課税です。


●本人の年金原資(死亡保険金額)はみなし相続財産とされ、相続税が課せられます。ただし、法定相続人数×500万円まで非課税です。
※ただし受取人が法定相続人に該当する場合です。

●毎年受取る年金は、雑所得として所得税が課せられますが、下記の控除があります。



なお、雑所得の額が25万円以上のとき、10.21%の源泉徴収をおこないます。

税務の取扱については税制改正により、今後変更となることがあります。

遺族附加年金事業 保険料・支給額

組合員加入コース
コース 年齢
(歳)




(年)
 死亡・高度障害のとき(死亡・高度障害保険金) 保険料 年金原資
(死亡・高度障害保険金)
(万円)
支給月額(万円) ボーナス支給額
(万円)
支給総額
(万円)
月額保険料(円) ボーナス時保険料(円)
初年度 平均 最終年度 初年度 平均 最終年度 男性 女性 男性 女性 月額部分 ボーナス部分
S1
コース
18〜35 25 約6.9 約9.4 約11.9 約23.5 約32.0 約40.5 約4,441 2,194 1,337 7,581 4,617 2,522 1,425
36〜40 20 8.4 10.8 13.3 23.9 30.7 37.5 3,843 2,771 2,126 7,966 6,115 2,389 1,122
41〜45 15 9.4 11.4 13.4 33.8 40.9 48.0 3,289 3,075 2,147 11,228 7,836 1,934 1,154
46〜50 10 11.6 13.2 14.7 34.2 38.9 43.5 2,362 3,680 2,397 11,063 7,208 1,527 750
51〜55 7 12.0 13.0 14.1 34.5 37.6 40.7 1,625 4,125 2,456 12,095 7,198 1,077 516
56〜60 5 11.2 11.9 12.6 34.7 36.7 38.8 1,084 4,182 2,080 13,122 6,527 710 364
A1
コース
18〜35 25 約5.3 約7.2 約9.2 約16.2 約22.0 約27.9 約3,288 1,690 1,029 5,219 3,178 1,942 981
36〜40 20 6.6 8.5 10.5 16.9 21.7 26.6 2,934 2,187 1,678 5,652 4,338 1,885 796
41〜45 15 8.0 9.7 11.4 26.5 32.1 37.7 2,719 2,620 1,829 8,806 6,145 1,648 905
46〜50 10 10.2 11.6 13.0 27.7 31.5 35.2 2,029 3,251 2,118 8,968 5,843 1,349 608
51〜55 7 10.7 11.6 12.6 28.5 31.0 33.6 1,416 3,684 2,193 9,985 5,943 962 426
56〜60 5 10.6 11.2 11.9 28.9 30.7 32.4 983 3,940 1,960 10,959 5,451 669 304
B1
コース
18〜35 25 約3.2 約4.4 約5.5 約12.1 約16.5 約20.9 約2,152 1,024 624 3,916 2,385 1,177 736
36〜40 20 3.8 4.8 5.9 12.7 16.3 19.9 1,828 1,246 956 4,239 3,254 1,074 597
41〜45 15 4.7 5.7 6.7 17.7 21.4 25.1 1,684 1,555 1,086 5,877 4,101 978 604
46〜50 10 6.1 6.9 7.7 18.5 21.0 23.5 1,251 1,933 1,259 5,974 3,892 802 405
51〜55 7 6.1 6.7 7.2 19.0 20.7 22.4 854 2,122 1,263 6,657 3,962 554 284
56〜60 5 5.9 6.3 6.7 19.3 20.5 21.6 586 2,221 1,105 7,318 3,640 377 203

 

配偶者加入コース(組合員本人の加入が条件となります)
コース 年齢
(歳)
支給年数
(年)
死亡・高度障害のとき(死亡・高度障害保険金) 月額保険料(円) 年金原資
(死亡・高度障害保険金)
(万円)
支給月額(万円) 支給総額
(万円)
初年度 平均 最終年度 男性 女性
Aコース
(800万円)
18〜35 7 約8.9 約9.7 約10.5 約816 696 424 800
36〜40 928 712
41〜45 1,272 888
46〜50 1,928 1,256
51〜55 3,064 1,824
56〜60 4,712 2,344
Bコース
(400万円)
18〜35 5 約6.3 約6.7 約7.1 約404 348 212 400
36〜40 464 356
41〜45 636 444
46〜50 964 628
51〜55 1,532 912
56〜60 2,356 1,172

(注)56歳以上の組合員がB1コースに加入した場合、配偶者はAコースに加入できません。これは、配偶者に対する保障額が本人の保障額を超えられない規定によるものです。
記載の年金額はパンフレット作成時点の基礎率(予定利率、予定死亡率、予定事業費率等)で計算していますので、将来の基礎率の変更により年金額が変動(増減)することがあります。年齢は保険年齢です。
保険年齢は満年齢を基に、1年未満の端数について6ヵ月以下は切り捨て、6ヵ月超は切り上げた年齢をいいます。
(例)保険年齢40歳=満39歳6ヵ月を超え満40歳6ヵ月まで

さきがけ 保険料・支給額

さきがけは、ケガや病気により重い障害が残った場合、障害年金1級・2級の認定(受給権の取得)に連動して保険金・給付金が受けられる制度です。
また、退職後70歳まで継続加入できます。

組合員加入コース
コース 年齢
(歳)
支給年数
(年)
死亡・高度障害・障害状態(障害年金1級)の場合 障害状態(障害年金1級・2級)の場合 月額保険料(円) 年金原資
(死亡・高度障害・障害保険金)
(万円)
支給月額(万円) 支給総額
(万円)
障害初期給付金
(万円)
初年度 平均 最終年度 男性 女性

Xコース
(1,000万円)

18〜35 5 約15.8 約16.8 約17.7 約1,010 100 1,460 1,170 1,000
36〜40 1,760 1,530
41〜45 2,160 1,720
46〜50 2,860 2,100
51〜55 3,960 2,640
56〜60 5,480 3,130
61〜64 7,610 4,010
65 7,090 3,630
66〜70 11,350 5,270

Yコース
(700万円)

18〜35 5 約11.1 約11.7 約12.4 約707 70 1,022 819 700
36〜40 1,232 1,071
41〜45 1,512 1,204
46〜50 2,002 1,470
51〜55 2,772 1,848
56〜60 3,836 2,191
61〜64 5,327 2,807
65 4,963 2,541
66〜70 7,945 3,689

Zコース
(300万円)

18〜35 5 約4.7 約5.0 約5.3 約303 30 438 351 300
36〜40 528 459
41〜45 648 516
46〜50 858 630
51〜55 1,188 792
56〜60 1,644 939
61〜64 2,283 1,203
65 2,127 1,089
66〜70 3,405 1,581

配偶者加入コース(遺族附加年金事業及び組合員本人の加入が条件となります。)
コース 年齢
(歳)
支給年数
(年)
死亡・高度障害の場合(配偶者には障害特約はありません) 月額保険料(円) 年金原資
(死亡・高度障害保険金)
(万円)
支給月額(万円) 支給総額
(万円)
初年度 平均 最終年度 男性 女性

配偶者コース
(200万円)

18〜35 3 約5.3 約5.5 約5.7 約200 260 202 200
36〜40 312 264
41〜45 386 302
46〜50 518 376
51〜55 724 474
56〜60 1,002 558
61〜64 1,418 726
65 1,418 726
66〜70 2,270 1,054

(注1)「さきがけ」のみの加入はできません。必ず遺族附加年金事業の組合員「S1・A1・B1コース」、
    配偶者「A・Bコース」の加入が条件となります。
(注2)「さきがけ」は配偶者のみの加入はできません。必ず組合員とセットでご加入ください。
(注3)障害保険金・障害初期給付金は組合員本人のみで64歳までが保障の対象となります。
    配偶者は死亡保険金・高度障害保険金の保障のみ対象となります。

・障害保険金、障害初期給付金は保険期間中に公的障害年金の受給権を取得した場合に保障の対象とな
 ります。(脱退後に受給権を取得してもお支払いできません。)
・死亡保険金、高度障害保険金、障害保険金は重複して支払われません。
・障害保険金が支払われた場合にはこの保険は脱退となります。
・障害初期給付金のお支払いは1回限りです。
・高度障害保険金をお支払いし、脱退となった後に公的障害年金の受給権を所得しても障害初期給付金は
 支払われません。
・障害初期給付金が支払われた後に増額されても障害初期給付金は保障の対象となりません。
・記載の年金額はパンフレット作成時点の基礎率(予定利率、予定死亡率、予定事業費率等)で計算して
 いますので、将来の基礎率の変更により年金額が変動(増減)することがあります。
・年齢は保険年齢です。保険年齢は満年齢を基に、1年未満の端数について6ヵ月以下は切り捨て、6ヵ月超は切り上げた年齢をいいます。
(例)保険年齢40歳=満39歳6ヵ月を超え満40歳6ヵ月まで

給付継続コース 保険料・支給額

在職中に加入し退職後の70歳又は75歳まで保障が受けられるコースです。
なお、現在新規加入できるのは、75歳コースのみです。
また、余命6ヵ月以内と判断されるとき、保険金の前払請求ができます。(リビング・ニーズ特約)

保障内容

・70歳コース

 死亡・高度障害のとき

支給年数 年金支給内容(月額) 支給総額 年金原資(死亡・高度障害保険金)
5年 約5.0万円 約303万円 300万円

 

・75歳コース

 死亡・高度障害のとき

支給年数 年金支給内容(月額) 支給総額 年金原資(死亡・高度障害保険金) 申込コース
5年 約8.4万円 約505万円 500万円 500万円継続型
約6.7万円 約404万円 400万円 400万円継続型
約5.0万円 約303万円 300万円 300万円継続型

(注1)「給付継続75歳コース」のみの加入はできません。必ず遺族附加年金事業の組合員S1・A1・B1コース」、配偶者「A・Bコース」の加入が条件となります。

(注2)「給付継続75歳コース」は配偶者のみの加入はできません。必ず組合員とセットでご加入ください。

(注3) 月額保険料は、更新時パンフレットを御覧ください。

(注4) 年金額は「年金保険」ご契約時点の保険料率により計算されますので、記載の年金額は現時点では確定された金額ではありません。

当ホームページに掲載している内容は平成28年度の制度内容(平成28年2月1日時点)のものです。

ご加入に際しては最新のパンフレットを必ずご参照願います。           
                                     MY-A-15-他-008234

貯金事業

この事業は、銀行などの預金利息よりも利回りをよくして、組合員に還元することを目的としています。

積立貯金
(名称は共済貯金)
  事業内容
積立方法 毎月の給料と6月、12月のボーナスから天引による積立および臨時積立
臨時積立は、専用の臨時積立申込書により、直接個人での払込みとなります。
用紙は共済事務担当係にあります。(振込手数料は無料です)
積立金額 1,000円の整数倍で給料及びボーナスから控除できる範囲
利率 年0.6% 金利情勢により変動があります。
(半年複利で9月末、3月末で利息を計算し、その日に元金に組み入れます。)
加入申込・
積立金額変更
毎月15日締切、翌月から積立開始・積立金額変更
払戻し・解約 月1回(15日締切り、当月末日送金)
運用について 共済貯金は預金保険の対象でないため、信用度の高い国債・地方債・
政府保証債・公社公団債を中心に運用を行っています。

貸付事業

書類審査のうえ貸付を行いますので、申込書類等詳しいことは職場の共済事務担当係におたずねください。

貸付種類 借入資格 こんなときに利用できます 利率(年)
(注1)
限度額
(注5)
償還期間
普通貸付 組合員期間が1年以上 物品購入等、組合員が臨時に資金を必要とするとき。 2.66% 200万円
(給料の6月分)
120月以内
住宅貸付 組合員期間が 1 年以上 住宅の新築、増改築、修理、購入、または住宅の敷地を購入するとき。 2.66% 1,800万円
組合員期間に応じ最低保障制度あり
360月以内
災害貸付 災害
財家
組合員期間が 6 ヵ月以上 家財にかかる水震火災その他の非常災害(以下「災害」という。)及び盗難等による損害。

(注)被害を受けた日から 1 年以内のもので組合員の住居内にある電化製品及び家具

2.22% 200万円
(給料の6月分)
360月以内
災害
住宅
住宅または住宅の敷地にかかる火災による損害。

(注)被害を受けた日から 1 年以内のもの

1,800万円
組合員期間に応じ最低保障制度あり
災害
現に住宅貸付または災害住宅貸付を受けている組合員が居住する住宅または住宅の敷地にかかる災害による損害。

(注)被害を受けた日から 1 年以内のもので災害見舞金の支給を受ける程度の損害がある場合

1,900万円
組合員期間に応じ最低保障制度あり
特例災害新規 東日本大震災により自己の居住する住宅又は住宅の敷地について、5分の1以上又はこれと同程度の損害を受けた場合 1.22%
※元金弁済猶予期間中は、1.00%
(注4)
1,800万円
組合員期間に応じ最低保障制度あり
360月以内
※元金弁済猶予を希望する場合は、5年以内の猶予期間を加えた期間
特例災害再 1,900万円
組合員期間に応じ最低保障制度あり
住宅介護対応住宅貸付 組合員期間が 1 年以上 要介護者に配慮した構造の住宅にするために、住宅貸付、災害貸付に加算して利用することができます。 2.40% 300万円 300月以内
特別
貸付
医療
組合員期間が 1 年以上 組合員または被扶養者の療養にかかる費用(共済組合の「高額療養費」の支給対象となる療養にかかる費用を除く)のため資金を必要とするとき。 2.66% 100万円
(給料の6月分)
72月以内
入学 組合員または被扶養者(被扶養者でない子も含む)が、高等学校や大学等(予備校や塾は除く)に入学するため資金を必要とするとき。 200万円
(給料の6月分)
120月以内
修学 組合員または被扶養者(被扶養者でない子も含む)が、高等学校や大学等(予備校や塾は除く)に修学するため資金を必要とするとき。 (月額)15万円
(1年間)180万円
78月〜150月以内

※修業期間中は元本据置で利息のみの償還も可能

結婚 組合員、被扶養者または被扶養者でない子、孫もしくは兄弟姉妹の婚姻にかかる披露宴のため資金を必要とするとき。 200万円
(給料の6月分)
120月以内
葬祭 組合員の配偶者、子、父母もしくは兄弟姉妹又は配偶者の父母の葬祭のため資金を必要とするとき。 200万円
(給料の6月分)
120月以内
高額医療貸付
(注2)
組合員期間が 1 年以上 組合員(任意継続組合員を含む)または被扶養者が、共済組合の「高額療養費」の支給対象となる療養にかかる支払いがあるとき。 無利息 高額療養費相当額 高額療養費と相殺
出産貸付
(注3)
組合員期間が 1 年以上 組合員(任意継続組合員を含む)または被扶養者が、共済組合の「出産費」または「家族出産費」の支給対象となる出産にかかる支払いがあるとき。 無利息 出産費・家族出産費相当額 出産費・家族出産費と相殺

(注1) 利率は固定ではありません。財政融資資金利率に応じて変動しますのでご注意ください。
(注2) 限度額適用認定証を使用する場合は、対象外となります。
(注3) 共済組合が医療機関に直接出産費等を支払う「直接支払制度」又は「受取代理制度」を利用した
    場合は、対象外となります。
(注4) 元金弁済猶予期間中は、利息のみの償還となります。「元金弁済猶予申出書」により希望の
    有無を申出てください。
(注5) 平成27年10月から標準報酬制が導入されましたが、貸付限度額は従来どおり給料(基本給)を
    基に算定します。

 

宿泊利用助成券が使用できる施設(旅行業者等を通さないことが条件となります)

福島県市町村職員共済組合直営施設

掲載内容は平成28年4月1日現在

ホテル福島グリーンパレス 福島市太田町13-53 024-533-1171

 

県外契約施設

掲載内容は平成28年4月1日現在

都道府県 施設名 所在地 申込先
北海道 ホテルポールスター札幌 札幌市中央区北4条西6丁目2 011-241-9111
ホテルノースシティ 札幌市中央区南9条西1丁目 011-512-9748
渓流荘 札幌市南区定山渓温泉西2丁目5 011-598-2721
青森県 アップルパレス青森 青森市本町5-1-5 017-723-5600
岩手県 ゆこたんの森 岩手郡雫石町長山猫沢3-6 019-693-3600
宮城県 パレス松洲 宮城郡松島町高城字浜38 022-354-2106
秋田県 レークサイド山の家 鹿角郡小坂町十和田湖銀山1-7 0176-75-2552
山形県 むつみ荘 南陽市赤湯字森先233-1 0238-43-3035
うしお荘 鶴岡市湯野浜1丁目11-23 0235-75-2715
茨城県 大洗鴎松亭 東茨城郡大洗町磯浜町8179-5 029-266-1122
栃木県 那須の森ヴィレッジ 那須郡那須町大字高久乙字遅山3375-637 0287-78-1636
群馬県 アルペンローゼ 吾妻郡草津町草津512-2 0279-88-1300
千葉県 オークラ千葉ホテル 千葉市中央区中央港1丁目13-3 043-248-1111
黒潮荘 鴨川市貝渚2565 04-7092-2205
東京都 東京グリーンパレス 千代田区二番町2 03-5210-4600
全国町村会館 千代田区永田町1-11-35 03-3581-0471
都市センターホテル 千代田区平河町2-4-1 03-3265-8211
東京グリーンホテル後楽園 文京区後楽1-1-3 03-3816-4161
アジュール竹芝 港区海岸1丁目11-2 03-3437-2011
ホテル日航立川東京 立川市錦町1-12-1 042-521-1111
神奈川県 湯河原温泉 ちとせ 足柄下郡湯河原町宮上281-1 0465-63-0121
山梨県 ホテルやまなみ 笛吹市石沢町駅前15−1 055-262-5522
新潟県 瀬波はまなす荘 村上市瀬波温泉1丁目2-17 0254-52-5291
アクアーレ長岡 長岡市新陽2-5-1 0258-47-5656
富山県 グリーンビュー立山 中新川郡立山町千寿ヶ原 076-482-1716
石川県 おびし荘 小松市井口町ホ55 0761-65-1831
福井県 越路 あわら市東温泉2丁目201 0776-77-3151
岐阜県 紫雲荘 下呂市湯之島692-23 0576-25-2101
静岡県 シーサイドいずたが 熱海市上多賀12 0120-73-1241
愛知県 レイクサイド入鹿 犬山市字喜六屋敷118 0568-67-3811
シーサイド伊良湖 田原市中山町岬1-43 0531-35-1151
三重県 サンペルラ志摩 志摩市磯部町的矢314 0599-57-2130
滋賀県 ホテルピアザびわ湖 大津市におの浜1-1-20 077-527-6333
憩いの里湖西 高島市勝野1533 0740-36-2345
京都府 ホテルセントノーム京都 京都市南区東九条東山王町19-1 075-682-8777
大阪府 シティプラザ大阪 大阪市中央区本町橋2-31 06-6947-7702
兵庫県 ひょうご共済会館 神戸市中央区中山手通4丁目17-13 078-222-2600
ゆめ春来 美方郡新温泉町湯1569-6 0796-99-2211
鳥取県 ホープスターとっとり 鳥取市永楽温泉町556 0857-26-3311
渓泉閣 東伯郡三朝町山田180 0858-43-0828
弓ヶ浜荘 米子市皆生温泉4-6-12 0859-22-7476
島根県 ホテル白鳥 松江市千鳥町20 0852-21-6195
岡山県 サン・ピーチOKAYAMA 岡山市駅前町2丁目3-31 086-225-0631
山口県 防長苑 山口市熊野町4-29 083-922-3555
徳島県 ホテル千秋閣 徳島市幸町3丁目55 088-622-9121
香川県 ホテルマリンパレスさぬき 高松市福岡町2丁目3-4 087-851-6677
愛媛県 えひめ共済会館 松山市三番町5丁目13-1 089-945-6311
高知県 高知共済会館 COMMUNITY SQUARE 高知市本町5丁目3-20 088-823-3211
宮崎県 ひまわり荘 宮崎市瀬頭2丁目4-5 0985-24-7878
鹿児島県 マリンパレスかごしま 鹿児島市与次郎2-8-8 099-253-8822

 

福島県内契約施設

県内地区 施設名 所在地 申込先
会津地区 ホテルふじや 喜多方市熱塩加納町熱塩字熱塩甲807 0241-36-2121
いいで荘 喜多方市山都町小舟寺二ノ坂山乙2619-1 0241-38-3111
いいでのゆ 喜多方市山都町一ノ木字越戸乙3876-4 0241-39-2360
ロータスイン 耶麻郡西会津町登世島字下小島187 0241-45-2900
ホテルプルミエール箕輪 耶麻郡猪苗代町大字若宮字吾妻山国有林194林班 0242-64-3300
リゾート・インぼなり 耶麻郡猪苗代町大字蚕養字沼尻山甲2855-550 0242-64-3333
ヴィライナワシロ 耶麻郡猪苗代町字葉山7105 0242-62-4111
御宿東鳳 会津若松市東山町大字石山字院内706 0242-26-4141
ほっとぴあ新鶴 大沼郡会津美里町鶴野辺字上長尾2347-40 0242-78-2820
つきみが丘町民センター 河沼郡柳津町大字柳津字諏訪町甲61-2 0241-42-2302
昭和温泉しらかば荘 大沼郡昭和村大字野尻字新町1266 0241-57-2585
季の郷湯ら里 南会津郡只見町大字長浜字上平50 0241-84-2888
さゆり荘 南会津郡南会津町界字上ノ山4308-27 0241-73-2121
花木の宿 南会津郡南会津町大桃字平沢山1041-1 0241-76-3115
会津アストリアホテル 南会津郡南会津町高杖原535 0241-78-2241
尾瀬御池ロッジ 南会津郡檜枝岐村尾瀬御池 0241-75-2350
中通り地区 うぶかの郷 伊達郡桑折町大字南半田字川端22 024-582-4500
りょうぜん紅彩館 伊達市霊山町石田字宝司沢9-1 024-589-2233
つきだて花工房 伊達市月舘町下手渡字寺窪7 024-573-3888
ホテル山水荘 福島市土湯温泉町字油畑55 024-595-2141
二本松市ウッディハウスとうわ 二本松市木幡字東和代34-1 0243-46-3391
アットホームおおたま 安達郡大玉村玉井字前ヶ岳国有林7林班 0243-48-2026
旅籠松柏 郡山市熱海町熱海5丁目283 024-984-2525
三春の里田園生活館 田村郡三春町大字西方字石畑487-1 0247-62-8010
スカイパレスときわ 田村市常葉町山根字殿上160 0247-77-2070
星の村ふれあい館 田村市滝根町菅谷字馬場168 0247-78-3100
藤沼温泉やまゆり荘 須賀川市江花字石倉山4-3 0248-67-3431
藤沼湖コテージ村・三世代交流館 須賀川市江花字石倉山22 0248-67-3355
井筒屋 石川郡石川町猫啼22 0247-26-1131
泉崎村サイクリングターミナル・カントリーヴィレッジ 西白河郡泉崎村大字泉崎字笹立山12 0248-53-4211
ひがしきつねうち温泉 白河市東釜子字狐内47 0248-34-1126
新白河高原ホテルみやま荘 西白河郡西郷村大字真船字馬立1 0248-36-2001
ルネサンス棚倉 東白川郡棚倉町大字関口字一本松43-1 0247-33-4111
ほっとはうす・さめがわ 東白川郡鮫川村大字赤坂東野字葉貫71 0247-48-2555
湯遊ランドはなわ 東白川郡塙町大字湯岐字立石21 0247-43-3000
東舘温泉ユーパル矢祭 東白川郡矢祭町東舘字蔵屋敷108-1 0247-46-4300
浜通り地区 宿泊体験館きこり 相馬郡飯舘村深谷字市沢166-6 0244-42-1012
福島いこいの村なみえ 双葉郡浪江町大字高瀬字丈六10 0240-34-6161
みどりの里せせらぎ荘 双葉郡葛尾村大字落合字菅ノ又6-5 0240-37-4800
ステーションプラザおおくま 双葉郡大熊町下野上字大野803-1 0240-31-0200
楢葉町サイクリングターミナル 双葉郡楢葉町大字北田字上ノ原27-29 0240-25-3113
Jヴィレッジ 双葉郡楢葉町大字山田岡字美シ森8 0240-26-0111
いわきの里鬼ヶ城 いわき市川前町上桶売字小久田73-3 0246-84-2288
いわき新舞子ハイツ いわき市平下高久字南谷地15 0246-39-3801
いわきゆったり館 いわき市常磐湯本町上浅貝22-1 0246-43-0801
ホテルハワイアンズ いわき市常磐藤原町蕨平50 0570-550-550

※浜通り地区については、「楢葉町サイクリングターミナル」及びいわき市内の施設は営業しております。
※宿泊施設利用助成券の使用上の注意事項

①宿泊施設利用助成券の利用対象者は、組合員と被扶養者になります。(共済組合発行の黄色いカード型の
 健康保険証が交付されている方が利用対象者となります。)利用者対象者以外の方が使用した場合は、
 後日、助成金額を返還していただきます。

②直営施設「ホテル福島グリーンパレス」を利用する場合、直営施設用「宿泊施設利用助成券」は、フロン
 トにて交付しております。チェックインの際、必ず利用する方の組合員証(共済組合発行の黄色いカード
 型の健康保険証)を提示してください。

③福島県内契約施設及び県外契約施設を利用する場合、「宿泊施設利用助成券」は、職場の共済事務担当係で
 交付しております。

④宿泊契約施設では、チェックインの際、宿泊利用助成券と一緒に利用対象者であることを証明するために、
 必ず組合員証(共済組合発行の黄色いカード型の健康保険証)を提示してください。(組合員証の提示が
 ない場合、宿泊利用施設助成券は使用できません。)

⑤公務出張(宿泊料の支給がある場合)の際は、宿泊施設利用助成券は使用できません。

宿泊事業

詳しくは福島グリーンパレスのホームページをご覧ください。